早朝ウォークで見つけた山野草【雄山火口(オヤマボクチ)】

oyamabokuti.jpg
 山 の斜面に直立している【雄山火口(オヤマボクチ)】

雄山火口は、宇奈月温泉の山の斜面に直立して生えるキク科の多年草です。

大きな葉の裏側には、白い綿毛が密生しています。
この綿毛を火打石の火花を移す火口(ほくち)使った所から、この名前がつきました。

葉は牛蒡の葉と似ているところからヤマゴボウとも呼ばれ、根は漬物として、若葉は草餅に使われます。
信州では蕎麦のつなぎとしても使われるそうです。

薊ににた花が暗紫色になると茎は紫色になります。
高さは1mから1.5mになるのでよく目立ちます。

すぐ近くに大型の立薊も花を開かせ、秋の深まりを感じさせます。

山野草が楽しめる宿 延楽