信濃金梅(シナノキンバイ) キンポウゲ科

信濃金梅(シナノキンバイ)は、宇奈月の高山帯のガレ場に咲くキンポウゲ科の多年草です。

茎は直立し草丈は40cm前後で上部で枝分かれします。

根際から生える葉には長い柄があり、掌状に深く5つに裂け、それぞれるの裂片はさらに細かく切れ込みます。

開花時期は7月から9月で花茎3~4cm位の金色の花を咲かせます。

この5枚から7枚の大きな花弁のように見えるのは萼片です。

深山金鳳花と比べると葉、花ともに大きく、花の裏側に緑色の萼片があれば深山金鳳花、無ければ信濃金梅です。