穂躑躅(ホツツジ) ツツジ科

穂躑躅(ホツツジ)は、宇奈月の山に生えるツツジ科の落葉低木です。

枝を束ねて箒を作るとこから山箒とも言います。

葉は楕円形で互生し先はやや鋭頭形です。

花は、9月ごろから新枝の先に円錐花序を付けるのところから、和名が来ています。

花序は直立し、淡紅色の小花を横向きに多数開かせます。

花弁は線形で3枚から4枚が反り返って丸まり、雄しべが長くまっすぐに伸びるのが特徴です。

全草にグラヤノトキシンという有毒成分が含まれます。

黒部峡谷の岩場を真っ赤に彩るのは、穂躑躅もその一つです。

宇奈月温泉周辺の紅葉の見頃は、例年であれば11月7日前後です。

黒花引起し(クロバナヒキオコシ) シソ科

黒花引起し(クロバナヒキオコシ)は、宇奈月の林道沿いに生えるシソ科の多年草です。

日本海側に多く分布し日本の固有種です。

茎頂に円錐花序を作り5mm程の小花をたくさんつけます。

花はあまり目立ちませんが色が黒に近い濃紺なので、自然の中では珍しい色です。

茎は直立し、シソ科特有の方形で、高いもので1m50cmになります。

引起しは、強烈な苦みがあり、弘法大師が瀕死の重病人に飲ませたら起きあがったという伝説から命名されました。

別名を延命草ともいいます。

引起しの仲間には、黒花、亀葉、白山亀葉等の種類があります。

信楽の器に、小さな花がちりばめられた黒花引起を晒菜升麻(サラシナショウマ)や唐糸草(カライトソウ)等と一緒に活けると風情があります。

胡麻菜(ゴマナ) キク科

胡麻菜(ゴマナ)は、宇奈月温泉の山地や道端などに普通に生えるキク科の多年草です。

葉は、両面に短毛のある長楕円形で互生し裏面には腺点があります。

9月から10月にかけ茎頂に小さな白い頭花を散房状に密に付けます。

茎の高さは1.5mにも達する野菊なのでよく目立ちます。

葉の形が胡麻の葉に似ているところから、胡麻菜と名付けられたようです。

若菜は香りが楽しめ、茹でておひたしにしたり、そのまま天婦羅として食すことができます。

晩秋は、沢山の花をつけた胡麻菜が目立ちます。

2番花を見つけ出し、芒などと生けると名残りの秋を楽しむことができます。

晒菜升麻(サラシナショウマ) キンポウゲ科

晒菜升麻(サラシナショウマ)は、宇奈月温泉の低山から高山に広く分布するキンポウゲ科の多年草です。

早いものは9月の初めから咲き、山鳥兜と同時に咲き始めます。

沢沿いに山鳥兜の群青と晒菜升麻の純白が秋の青空の下、風に揺れている様は自然が作り出す最高の芸術です。

名前の由来は若葉を煮て水で晒して食べるところからきています。

キンポウゲ科の植物はアルカイロイドを含んでいる毒性の物が多い中、最初に食した人の勇気に感服します。

漢方の升麻は、この地下茎からとり古くから解毒、解熱用として用いられました。

私は、古い青磁の花入れに鳥兜と共に好んで生けます。

葉の形が実に見事で、最高の取合せです。