津合蟹のお浸し(高麗青瓷菊形向附)

津合蟹のお浸し【匠の膳】の強肴です。

器は形の美しい高麗青瓷菊形向附です。

9月1日解禁となった紅津合身をほぐし菊菜や水菜とお浸しにしてあります。

紅津合蟹の他にも仕入れによって本津合蟹、毛蟹等も使います。

山辛子(ヤマガラシ) アブラナ科

山辛子(ヤマガラシ)は、宇奈月の深山の湿性のガレ場に自生するアブラナ科の多年草です。

茎は直立し、高さ20cmから50cmで上部で分岐します。

根葉や茎基部の葉は、頭大羽状に深裂互生し、上部の葉は広楕円形で基部が広くなって茎を抱きます。

上葉の縁には波状鋸歯があります。

茎頂に総状花序をだし、黄色の十字状の花を美しく咲かせます。