上溝桜(ウワミズザクラ) バラ科

uwamizu_s

上溝桜(ウワミズザクラ)は宇奈月の山地に自生するバラ科の落葉高木です。

葉は桜の葉のように楕円形で先が細くなり、縁には鋸歯があります。

開花は5月の初旬、長さ10cmほどの白いブラシのような総状花序をつけて甘い匂いを漂わせます。

遠くから見ると雪が積もったように見えます。

果実は初夏の頃に赤く熟し、小さなさくらんぼになります。

その実は黒部の猿達の絶好の食料となります。

イヌザクラによく似ています。

黒部峡谷鉄道・全線開通

torokko09

黒部峡谷鉄道は5月1日、宇奈月から欅平(20.1Km)まで全線開通しました。

鶯が鳴き交う黒部の谷。トロッコ電車が深い谷を縫うように走っています。

眼前に雪を纏った黒部の山々と、萌黄色に輝く新緑の峡谷、眼下に笹色を呈した薄濁りの黒部の流れを眺めながら黒部の探勝。

今年は、例年になく積雪が少ないので、早々と木々の花を楽しむことができます。