地始凍(ちはじめてこおる)

<紅葉の落葉樹林>

11月12日から七十二侯は「地始凍(ちはじめてこおる)」で二十四節気の「立冬」の次侯にあたる。

陽気が弱まって日ごとに冷え込みが増し、大地が凍り始める頃という意味。

冷たい時雨が降ったりやんだりを繰り返し、ひと雨毎に冬へと近づいていく。

黒部峡谷の美しい紅葉はまだまだ残っている。

色濃い黄金色と深紅の照り葉が輝く。

宇奈月の「やまびこ遊歩道」には落ち葉が敷き詰められている。

花をつける落葉樹が多いので春の散策路は、その香りに包まれる。

長い冬期間の積雪に耐える木々こそが、雪解けを待って美しい花をつける。