虹蔵不見(にじかくれてみえず)

<活け蟹料理:焼蟹>

11月22日から二十四節気は「小雪」に入る。

本格的な冬は未だ遠いが、山には雪が降り始める頃である。

七十二侯は「虹蔵不見(にじかくれてみえず)」で二十四節気「小雪」の初侯にあたる。

「蔵」は隠れると読む。

空気が乾燥し、日差しが弱くなるので虹が見えなくなる頃という意味。

北陸では富山、石川、福井がそれぞれの特徴を出し「蟹を食べに北陸へ」キャンペンを実施している。

延楽は、地元で水揚げされたズワイガニをそのまま専用の生簀に入れ、活けガニ会席に使う。

造りの美味しさもさることながら、焼きガニの味わいは格別である。

焼きガニは火加減や焼き方が難しいので、プロに焼いてもらうのが一番。

延楽では焼きガニの熟練者が、お客様の目の前で焼くので高評である。

あわせてその時の野菜と氷見牛を、伝統のダシにくぐらせて出す。

冬ならではの味わいである。