雉始雊(きじ はじめてなく)

<宇奈月温泉の左義長>

1月15日から七十二侯は、「雉始雊(きじ はじめてなく)」で二十四節気「小寒」の末侯。雉子の求愛が始まる頃という意味。

雉の雄は雌を呼び込むために甲高い声で鳴きます。宇奈月温泉周辺はこれから雪の日が続くが、雪の少ない下流の黒部川扇状地では雉の求愛行動が活発化する。今日は松の内の終わりの日。松の内が終わるのは地域によって異なるが、延楽は1月15日。正月飾りを取り外して左義長の日まで大切に保管する。

2月2日は宇奈月温泉雪カーニバルが行われ、花火の点火に先駆けて宇奈月公園で左義長が行われる。炎が勢いよく空に舞い上がり、歳神様もその炎に乗って天に帰るとされる。竹の炸裂音からどんど焼きとも言う。

水泉動(しみず あたたかをふくむ)

<水鳥が飛来する黒部川>

1月10日から七十二侯は、「水泉動(しみず あたたかをふくむ)」で、二十四節気「小寒」の次侯。

地中で凍った泉が溶けて動きだす頃と言う意味。元となった中国の宣明暦では「鵲始巣」で、鵲(かささぎ)が巣を作り始める頃という意味。宣明暦は平安時代初期に中国から輸入された暦で、唐の徐昴によって作られた。その後、江戸時代に大統歴、貞享歴と変わり、宝暦4年(1754年)、渋川春海によって日本初の宝暦歴に改められた。併せて七十二候も日本の気候風土に合うように改定された。

11日は鏡開き。鏡餅の割れが多いとその年は豊作になると言われる。小寒に入ると雪の降る日が続くのだが今年は穏やかな日が続く。部屋から眺める黒部川では水鳥が水の流れに乗って移動していくのが見える。本格的な寒さこれからである。

芹乃榮(せり、すなわちさかう)

<小寒の雪景色>

1月6日から二十四節気は「小寒」に入る。この日から節分までを「寒の内」。節分の翌日は立春で「寒の明け」迎える。

それまでは厳しい寒さが続き、「小寒の氷、大寒に解く」と言う故事があるほど寒さは一層厳しくなる。

地元の酒造会社では新酒の仕込みが最盛期を迎える。杜氏や蔵人が朝早くから作業に精を出す。

七十二侯は、「芹乃榮(せり、すなわちさかう)」で二十四節気「小寒」の初侯。

厳しい寒さが続くが田んぼや水辺では、芹が生え始める頃という意味。芹は春の七草の一つで、正月7日に七草粥を食べると一年の邪気を祓うとされる。

6日は黒部市消防団の出初式。早朝より消防訓練のサイレンが山間の温泉街に響く。本年は自然災害のない平穏な年でありたい。

雪下出麦(ゆきわたりて、むぎのびる)

<正月の室礼>

1月1日から七十二侯は「雪下出麦(ゆきわたりて、むぎのびる)」で二十四節気「冬至」の末侯にあたる。

降り積もった雪の下で麦が芽を出し始める頃という意味。

延楽ロビーの正月飾りは、地酒の菰樽に鏡餅を飾りその上に伊勢海老を頂くという創業時からの形である。

歳神様をお迎えする際の目印となる特大の門松も飾り付ける。

新春延楽ギャラリーは、延楽ゆかりの作家の作品を展示。

横山大観「旭日」、安田靫彦「白梅」、中川一政「良寛手毬図」。

これからも受け継がれる旅館のお正月の室礼の一コマである。