鶏始乳(にわとり、はじめてとやにつく)

<全線開通時の雪の大谷>

1月30日から七十二侯は「鶏始乳(にわとり、はじめてとやにつく)」で二十四節季「大寒」の末侯。鶏が春の気を感じ、卵を産み始める頃という意味。

大寒は冬の最後の節気であり一年で最も寒い時期である。厳しい寒さはまだまだ続くが、太陽は少しずつ力強さを増している。生き物たちは敏感に春の気配を感じ、目覚めの準備をしている。

昨日から富山県と長野県を結ぶ「立山黒部アルペンルート」の営業開始に向けた除雪が始まった。作業は国内最大級のロータリー車や重機等21台を使って行う。これから2月3月も大雪の恐れがある。今後の積雪にも影響されるが、全線開通は昨年度と同じ4月15日としている。美女平から弥陀ヶ原の部分開通は4月10日の予定。室堂付近の大谷を通る道路の除雪によってできる高さ20mの壁「雪の大谷」は圧巻である。

水沢腹堅(さわみず、こおりつめる)

<冷たさを増す黒部川>

1月25日から七十二侯は、「水沢腹堅(さわみず、こおりつめる)」で二十四節気、大寒の次侯。沢に氷が厚く張りつめるほど寒い頃と言う意味。

水はいよいよ冷たさを増し、1年の内で最も寒い時期となる。この頃は大陸からの強い寒気が入りやすく記録的な大雪や最低気温をもたらすのだが、今年は寒気が長続きしない。

寒の内に汲んだ水は「寒の水」と呼ばれ細菌少なくいのでお酒を仕込むのには最適である。寒仕込みの酒はきめ細やかですっきりとした味わいに仕上がる。大吟醸はこの時期を選んで仕込まれ3か月を経て出荷される。日本酒の仕込みが最盛期を迎える時期である。

黒部峡谷冬景色

宇奈月温泉は、黒部峡谷の雪景色が美しく映える頃となりました。雪がしんしんと降り積もり、黒部の山々は白いベールに包まれます。黒部川の水は透明度を増し、ゆっくりと流れていきます。

最も新鮮な雪見風呂が堪能できる時期です。