霞始靆(かすみ はじめてたなびく)

<メバルの煮付け(器:向付、色絵椿絵)>

2月24日から七十二侯は「霞始靆(かすみ はじめてたなびく)」で二十四節気「雨水」の次侯にあたる。春霞が立ちこめて野山がぼんやりとかすんで見える頃と言う意味。

霞は気象用語で靄(もや)のことで、春の女神の衣に見立てられる。霧はそれぞれ情景により朝霧、夕霧、薄霧、八重霧などと美しく表現される。朧月夜に詠われる夜の霧は「朧(おぼろ)」として使い分けられる。春霞は偏西風に乗って大陸から飛来する黄砂によるもので、これから多く見られる現象である。雪を纏った黒部の山々が春霞で美しく豊かな表情を見せてくれる。

富山湾ではハチメがよく獲れるようになる。ハチメはウスメバルの事で、甘辛く炊くと絶品で地酒も大いに進む。

土脉潤起(つちのしょう うるおいをおこる)

<芽吹きが始まる木々>

2月19日から二十四節気は「雨水」。空から降る冷たい雪が雨に変わり、宇奈月温泉街に積もった雪や氷が溶けて水となる。この時期に吹く強い南風が、春一番である。今年は早くて、すでに立春の日に記録する。七十二侯は「土脉潤起(つちのしょう うるおいをおこる)」で、二十四節気「雨水」の初侯にあたる。凍てついた大地が潤いをとり戻す頃と言う意味で、昔から農耕の準備を始める目安とされた。

黒部川の河原の木々は、早春の陽射しを受けて芽吹きが始まる。それを目当てに野生の猿がやってくる。宇奈月温泉スキー場近辺の山でも猿の群れをよく見かけるようになる。雪の下の柔らかな山菜の芽を求めて集まるのだ。日一日と日足も長くなり、季節は確実に春に向かっている。

魚上氷(うお こおりをいずる)

<春の兆しの黒部川>

2月14日から七十二侯は「魚上氷(うお こおりをいずる)」で二十四節気「立春」の末侯にあたる。春の兆しを感じて魚が動き始め、割れた氷の間から飛び出す頃という意味。

宇奈月温泉は、連日夜半に雪が降り、明け方には白銀の世界となる。気温は例年並みに低くいが、黒部川は凍らずに渓流となって流れている。孵化した稚魚は浅瀬の岩陰に潜み、春めく時を待っている。

黄鶯睍睆(うぐいす なく)

<富山湾の毛蟹>

2月9日から七十二侯は「黄鶯睍睆(うぐいす なく)」で二十四節気「立春」の次侯にあたる。山里に春を告げる鶯が鳴く頃と言う意味。

睍睆とは声の美しい様子を表す畳韻の擬態語。畳韻とは韻が同じ漢字2文字を重ねることとある。今年は立春に春一番が吹いて春めいてきたが、昨日から大陸からの寒気団が南下し、冬に逆戻り。しばらくは寒い日が続くようだ。冷え込みが厳しくなると脂がのった寒ブリの水揚げが多くなる。

蟹も一段と旨くなり、本ズワイガニの他に紅ズワイ蟹、毛蟹も味わえる。特に毛蟹のボイルは独特の甘みがある。とにかく冬の富山湾の魚は身がしまり格別の旨味がある。のどぐろ、アラ、赤いか等の刺身は延楽特製の煎り酒にワサビを少々合わせて頂く。地酒がすすみそうだ。

向付・白楽梅形

<白海老の湯葉巻>

2月8日から七十二侯は、黄鶯睍睆(こうおう けんかんす)で、二十四節季の立春の次候にあたります。春を告げる鶯が鳴く頃と言う意味です。その年の最初に聞く鶯の声が初音です。

強い寒気が流れ込む中ではありますが、各地の象台が、梅の開花宣言を発表するのもこの頃です。 梅の香りを思い浮かべながらいただく一品は、白えびの湯葉巻です。程よい塩梅の延楽特製の煎り酒で合わせていただきます。合わせる地酒は、千代鶴の恵田です。

季節の器は、向附・白楽梅形です。

東風解氷(はるかぜ こおりをとく)

<立春大吉・七寸皿>

2月4日から二十節気は「立春」に入る。立春は冬が極まり春の気配が立ち始める日で、1年の始まりの節気である。旧暦の元旦は立春に近い新月の日で、正月を新春、初春と呼ぶのはこの名残である。

立春は、二十四節気の始まりで、あらゆる節日の基準日となる。おわら風の盆に謡われる二百十日は立春から数えると9月1日になる。八十八夜も同様で暦に記して農作業の目安とした。七十二侯の始まりは、「東風解氷(はるかぜ こおりをとく)」で二十四節気「立春」の初侯。東風は春風のことで、東から温かい風が吹き、張り詰めていた氷を解かし始める頃という意味。日足が伸びこの頃から木々も次第に芽吹き始め、春の兆しが少しずつ現れ始める。

禅寺では早朝に立春大吉と書いた厄除けの紙札を貼る。今年も前菜に立春大吉の七寸皿を使う。「鬼は外、福は内のごとく」鬼の顔は皿の外側に描かれ、福は内側に描かれている。こういう遊び心に福来たる。今日は富山県内で春一番を記録する。

七寸皿・鬼ハ外福ハ内

<節分と立春の前菜>

節分の翌日は二十四節気の立春で、旧暦では1年の始まりとされていました。そして、あらゆる節日の基準日とされ、茶摘みの八十八夜や、おわら風の盆の二百十日は、暦に記して農作業の目安としました。

七十二侯の始まりは、立春の初侯で「東風解氷(はるかぜ こおりをとく)」です。東から温かい風が吹き始め、張り詰めていた氷を解かし始める頃という意味で、春の兆しが少しずつ現れ始めます。まさに立春大吉です。

節分と立春に使う七寸皿があります。「福は内、鬼は外」、鬼の角は、皿の中に描かれ、顔は皿の外側に描かれています。福は内側に描かれています。節分は、季節の変わり目の邪気払いです。

前菜で使う季節の器は、七寸皿・鬼ハ外、福ハ内です。