魚上氷(うお こおりをいずる)

<春の兆しの黒部川>

2月14日から七十二侯は「魚上氷(うお こおりをいずる)」で二十四節気「立春」の末侯にあたる。春の兆しを感じて魚が動き始め、割れた氷の間から飛び出す頃という意味。

宇奈月温泉は、連日夜半に雪が降り、明け方には白銀の世界となる。気温は例年並みに低くいが、黒部川は凍らずに渓流となって流れている。孵化した稚魚は浅瀬の岩陰に潜み、春めく時を待っている。