霞始靆(かすみ はじめてたなびく)

<メバルの煮付け(器:向付、色絵椿絵)>

2月24日から七十二侯は「霞始靆(かすみ はじめてたなびく)」で二十四節気「雨水」の次侯にあたる。春霞が立ちこめて野山がぼんやりとかすんで見える頃と言う意味。

霞は気象用語で靄(もや)のことで、春の女神の衣に見立てられる。霧はそれぞれ情景により朝霧、夕霧、薄霧、八重霧などと美しく表現される。朧月夜に詠われる夜の霧は「朧(おぼろ)」として使い分けられる。春霞は偏西風に乗って大陸から飛来する黄砂によるもので、これから多く見られる現象である。雪を纏った黒部の山々が春霞で美しく豊かな表情を見せてくれる。

富山湾ではハチメがよく獲れるようになる。ハチメはウスメバルの事で、甘辛く炊くと絶品で地酒も大いに進む。