草木萌動(そうもく、めばえいずる)

<ホタルイカの釜揚げ>

3月1日から七十二侯は「草木萌動(そうもく、めばえいずる)」で二十四節気の「雨水」の末侯にあたる。柔らかな春の陽射しを受け、潤った土や木々から萌葱色の新芽が芽吹く頃という意味。

3月1日から富山湾ではホタルイカ漁の解禁となる。ホタルイカは、昼は深い海底に潜み、深夜から明け方にかけて浅いところへと移動して産卵する。その習性をとらえて行われるのが、富山湾の春の風物詩「ホタルイカ漁」である。ホタルイカが放つ独特の青白い光は幻想的で、まさに富山湾の神秘である。ほのかな甘みのお造りは絶品で、地酒とよく合う。熱々のホタルイカの釜揚は、オレンジ色の内臓もたっぷりと味わえて、これがまた地酒によくあう。