板谷楓(イタヤカエデ) カエデ科

<日一日と萌黄色の葉が広がる>

板屋楓(イタヤカエデ)は、宇奈月の山地に生えるカエデ科の落葉高木で、高さは15メートルから20メートルにもなります。

葉は対生し縁にはほとんど鋸歯がありません。同種の葉団扇楓(ハウチワカエデ)は、鋸歯があります。花は、若枝の先に散房状花序を垂れ下げ、長い葉柄の先に小花をつけます。4月から5月に、葉よりもわずかに早く開きます。新葉と同色のため、花の存在が分りづらいです。葉は、晩秋には荘厳な黄金色に輝き黒部峡谷を彩ります。