山荷葉(サンカヨウ) メギ科

<爽やかな香りがする山荷葉>

山荷葉(サンカヨウ)は、宇奈月の深山の雪解けの沢の斜面に白根葵(シラネアオイ)などと一緒に自生するメギ科の多年草です。 

2枚の大きな葉が特徴で、茎の中ほどにから上につき、広腎臓形で2深裂し下面に毛があります。

花は散房花序に6弁の白い花を数個つけ、水に濡れると半透明になります。開花するとすがすがしい香りがして、秋には濃い青紫色の実をつけます。

菖蒲華(あやめ はなさく)

<「田渕俊夫:放水」とカッシーナ>

6月27日から七十二侯は、「菖蒲華(あやめ はなさく)」で、二十四節気「夏至」の次侯にあたる。 菖蒲の花が咲く頃という意味。 菖蒲は「あやめ」とも「しょうぶ」とも読める。あやめ(菖蒲)は梅雨の到来を告げる花として親しまれている。 外花被のつけ根にある網目模様は、ハナショウブとカキツバタとの判別方法になる。

宇奈月公園では、6月の初めに開花し今は結実となり、 冷たい清水が流れる沢に源氏蛍が乱舞している。

立山黒部アルペンルートにある黒部ダムで6月26日から夏の行楽シーズンの到来を告げる観光放水が始まった。 黒部ダムは、河床からの高さが高さ186mと日本一の壁面を誇るアーチ式キダムで、二箇所の放水口から毎秒7.5トンずつ合計15トンを放水、10月15日まで毎日実施される。 豪音と共に噴出する水に日がさして虹が架かる。

セレネ美術館では、田渕俊夫画伯の黒部ダムの放水を捉えた院展出品作品が展示されている。大自然の中で水が放つエネルギーを巧みにとらえた名品である。   

乃東草(なつかれくさ かるる) 

<少なくなりつつある夏枯草(靭草)>

6月22日から二十四節気は「夏至」。1年の内で最も昼が長くなる頃。これから盛夏に向けて日に日に暑さが増すが、梅雨のまっただ中なので、雨の日がしばらく続く。

七十二侯は「乃草枯(なつかれくさ かるる)」で「夏至」の初侯。乃東(なつかれくさ)とは、漢方薬に用いられる夏枯草の古名で、宇奈月の草地に生えるシソ科の靫草(ウツボグサ)のことである。

花穗だけが枯れて黒ずんだ色になり、夏枯草の名の由来となる。半年前の「冬至」の初侯は「乃東生(なつかれくさ しょうず)」で、生まれて枯れる、季節は正確に巡ってくる。

鳥足升麻(トリアシショウマ) ユキノシタ科

<甘い香りで虫たちを集める>

鳥足升麻は、宇奈月温泉の山道の則面に自生しているユキノシタ科の多年草です。

梅雨時期に、葉よりも上に円錐花序が出て開花します。花柄は短く白色の小花が並んで付き、すがすがしい甘い香りがします。この香りで多くの昆虫たちを集めます。

細くてしっかりと真っ直ぐに伸びた茎を鳥の足に見立てて和名がつけられました。草むらから飛び出している鳥足升麻の姿は、白鷺が止まっているかのようです。

六寸皿・仁清色絵藤

<茶ばちめの煮つけ>

6月21日から二十四節気は「夏至」に入り、1年の内で最も日が長く、夜が短くなる頃です。これを機に盛夏に向います。

富山湾では柳ばちめが水揚げさるようになりました。雅膳の煮物は柳ばちめの煮付けです。

季節の器は、六寸皿・仁清色絵藤です。

舞鶴草(マイヅルソウ) ユリ科

<鶴が舞っているような形の、貴賓ある花>

舞鶴草(マイヅルソウ)は、宇奈月の亜高山帯の涼しい樹林内に生えるユリ科の多年草です。今年も雪解けの樹林内に、群生しています。

葉は心臓型で2から3個、互生しています。花は茎の先端に総状花序に付きます。秋になると黄色い照葉の上に赤い実を付けます。

葉脈の独特な曲線を、鶴が羽を広げた形に見立てたところから和名がつきました。

車花(クルマバナ) シソ科

<小さくて目立たないが、花冠の模様が美しい>

車花は、宇奈月の山野の草地に生える、シソ科の小さな多年草です。

葉は対生し、狭卵型で鋸歯があり基部には短い二枚の葉柄があります。茎は、シソ科特有の箱型で直立し、枝先に断続的に輪生する花穂を作って、淡紅色の唇花形をつけます。

蕚も紅紫色を帯びることが多く、開出毛という茎に直角に伸びる細い毛が多くあります。花冠は筒状で、開口部は2裂し、下唇は3裂しています。雄しべは4本あり上唇側の2本だけが長くなっています。

梅花空木(バイカウツギ) ユキノシタ科

<初夏の風物詩、梅花空木>

梅花空木(バイカウツギ)は宇奈月の岩石地に見られるユキノシタ科の落葉低木です。

枝先に総状の集散花序をだし、白く清楚で芳香のある花をつけます。4枚の花弁は重なり合い先端部がわずかにくぼみ、梅花を思わせる品の良い花です。

枝は又状に横に広がり、葉は対生して卵型で3本の葉脈がはっきしているのが特徴です。茎には白い綿のような髄が詰まっていて、これを取り除かないと水揚が困難です。

衝羽根空木(ツクバネウツギ) スイカズラ科

<清楚な純白の花>

衝羽根空木(ツクバネウツギ)は、宇奈月の落葉樹林の中に見られるスイカズラ科の落葉低木でよく分岐します。

6月ごろ、新梢の先に黄白色で筒状鐘型の花を2個付けます。目立たない初夏を告げる花ですが、内部には橙色の網目の模様があり、その純白さは清楚な雰囲気を漂わせています。

葉は、卵状楕円形で対生します。箆形で5個の額は、花が終わった後も果実の下に残って衝羽根の形になり、樹枝が空木に似ているところから、和名の由来となっています。