鳥足升麻(トリアシショウマ) ユキノシタ科

<甘い香りで虫たちを集める>

鳥足升麻は、宇奈月温泉の山道の則面に自生しているユキノシタ科の多年草です。

梅雨時期に、葉よりも上に円錐花序が出て開花します。花柄は短く白色の小花が並んで付き、すがすがしい甘い香りがします。この香りで多くの昆虫たちを集めます。

細くてしっかりと真っ直ぐに伸びた茎を鳥の足に見立てて和名がつけられました。草むらから飛び出している鳥足升麻の姿は、白鷺が止まっているかのようです。

仁清色絵藤 六寸皿

<茶ばちめの煮つけ>

6月21日から二十四節気は「夏至」に入り、1年の内で最も日が長く、夜が短くなる頃です。これを機に盛夏に向います。

富山湾では柳ばちめが水揚げさるようになりました。雅膳の煮物は柳ばちめの煮付けです。

季節の器は、仁清色絵藤六寸皿です。