高嶺松虫草(タカネマツムシソウ) マツムシソウ科

<高山蝶の好む花です>

高嶺松虫草(タカネマツムシソウ)は、宇奈月の高山に生えるマツムシソウ科の越年草です。マツムシソウの高山変種で、茎の長さが短いですが、花は基本種より大きいです。

長い柄を持った根出葉があり、羽状に裂けた葉は対生しています。 長い花柄の先端に、1個の淡紫色の頭花をつけます。総苞片は線形で2列になっています。

苞とは蕾を包むように葉が変形した部分で、蕾が開いてから花の基部に残ります。花序全体の基部を包む苞が総苞で、個々の総苞を総苞片といいます。

頭花の縁側の小花は大型で5裂し、外側に長く伸びます。中心部分の小花は小型で筒状です。高山蝶が集まる花で、白馬岳の宇奈月側には、淡紅色や白色の種もあります。