丁子菊(チョウジギク) キク科

<渓流の岩場を好む丁子菊>

丁子菊(チョウジギク)は、宇奈月の深山の湿地に自生するキク科の多年草です。 地下茎を伸ばし、40cm前後の丈を持つ茎を叢生させます。

葉は、長楕円状披針形で先は次第に細くなり対生し、縁には浅くて鋭い鋸歯があります。茎頂の葉腋から花柄を伸ばし頭状花を散房状につけます。花柄には母子草のように白い毛が密生し、黄色の管状花をつけます。

黒部峡谷・下の廊下の沢沿いでもよく見られます。

岩菖蒲(イワショウブ) ユリ科

<細い茎に白い花を数多くつける>

岩菖蒲(イワショウブ)は、宇奈月の亜高山の、湿気の多いところに生えるユリ科の多年草です。

根茎は短くて、剣形の葉は、茎の下部から直立して出て、先は尖っています。細い茎の総状花序に白色の花をつけます。花被片は6個あり、長楕円形です。蕾の時に、紅紫色になることがあります。

葉の形が菖蒲に似ていので、和名の由来となっています。