深山大文字草(ミヤマダイモンジソウ) ユキノシタ科

<大文字草より小形で花も少ない>

深山大文字草(ミヤマダイモンジソウ)は、宇奈月の亜高山の湿った草地や岩場に生えるユキノシタ科の多年草で、ダイモンジソウの高山型変種です。

花径は、ダイモンジソウより小さく、葉はすべて根生し長い柄があります。葉は腎円形で長さは10cm前後で縁は掌状に中裂します。

茎は分岐せずに集散花序に白色の花をつけます。花弁は上側の3弁は長く下側の2弁が長くなります。和名の由来は、花弁が大文字に見えるところからきています。