深山金梅(ミヤマキンバイ)  バラ科

<岩場一面が黄金色になる>

深山金梅(ミヤマキンバイ)は宇奈月の高山の岩場に自生するバラ科の多年草です。

茎は高さ10cmから20cmの小型で、根出葉は太い根茎上に数個つき、卵型で鋸歯のある3枚の小葉からなります。花は黄色の5片花で花びらの内側はオレンジ色です。

花は、信濃金梅(シナノキンバイ)とよく似ています。シナノキンバイはキンポウゲ科でトリカブトのように葉の切れ込みが深く、細く分裂しています。