大文字草(ダイモンジソウ) ユキノシタ科

<大文字の形の花を咲かせる>

大文字草は、宇奈月の山地の湿った所に生息するユキノシタ科の多年草です。

葉は根生して、葉柄を持ち掌状の葉身が付きます。 20cm以上に伸びる花径を出し、先に集散花序を付けます。萼は小さく、5個の白い花弁の内上部の3枚は小さく、下部の2枚が細長く、全体が「大」の字に似ているので和名の由来となっています。

早咲きのものは、7月頃から見ることができます。