亜米利加栴檀草(アメリカセンダングサ) キク科

<実は衣服に付く>

亜米利加栴檀草(アメリカセンダングサ)は、北アメリカ原産の帰化植物で、宇奈月の道端や荒れ地などに生えるキク科の1年草です。

茎は、高さが50~150cmになり、四角柱で暗紫色でほとんど毛がありません。葉は対生し無毛で、3~5個の小葉に分けれ、鋸歯があり先が尖ります。

9月~10月、茎頂に黄色の頭花を付けます。6~12個の頭花の経より長い総苞片をもちます。苞とは蕾を包むように葉が変形した部分のことです。