活蟹会席

津和井蟹(ズワイガニ)漁は、11月6日から解禁となります。今年も延楽の活蟹料理を求めて、全国から沢山のお客様がお越しになります。

活蟹会席の内容は、蟹を最もおいしく召し上がっていただくために、調理方法を長年研究してまいりました。先ずは、季節の前菜で始まり、時を見計らって特製出汁の吸い物で箸休め。次の料理は蟹の洗いです。透き通るような活蟹の身を、氷水にさらした蟹の洗い。とろけるような食感の中に濃い甘みが口いっぱいに広がります。

蟹味噌を少し召し上がっていただいてから、焼蟹の始まりです。調理長がお客様の目の前で焼き上げます。焼き加減は、中身はあくまでジューシーになるように。

蟹だけでは物足りないので、だしを張った大きな鍋に、ブランド牛として評判の氷見牛の赤みを潜らせます。冬野菜と一緒に召し上がっていただきます。そしてこの後もお料理が続きます。

黒部の山々が、薄く雪化粧をすると富山湾のずわい蟹漁が最盛期を迎えます。婦人画報「美食の湯宿・活蟹会席」で紹介されました。