金盞香(きんせんか さく)

<霧に覆われる黒部峡谷>

11月18日から七十二侯は、「金盞香(きんせんかさく)」で二十四節気「立冬」の末侯にあたる。金盞香が咲き始める頃という意味。金盞香とは水仙のことで、別名「雪中花」とも言う。

五弁の花びらの真ん中にある副花冠が、金色の盃を表す「金盞(きんせん)」に似ているところから、金盞香と命名される。水仙の花が咲くと、上品な香りが漂い始める。

宇奈月温泉では、冷たい時雨が降ったりやんだり繰り返しながら、一雨ごとに冬へと近づいてゆく。雨上がりの霧が山を覆い、その切れ間から深紅に染まった木々が現れる。雨上がりの紅葉の黒部峡谷は一段と幻想的になる。山の頂が雪化粧すると黒部の三段染めが始まる。