瓜肌楓(ウリハダカエデ) カエデ科

<若い果実は下垂する>

瓜肌楓(ウリハダカエデ)は、宇奈月の山地のやや湿気がある谷間や疎林に生えるカエデ科の落葉高木です。

幹は直立し10m前後になります。若木の樹皮は暗緑色、平滑で白い縞模様が入って瓜の皮のようになります。和名の由来はここからきています。枝は斜生してよく伸び緑色で無毛です。

葉は大形で、扇状5角形、浅く3~5裂して縁には重鋸歯があります。花のつく枝には1対対生します。雌雄別株で5月に若枝の先に総状花序を出して淡緑色の花を多数下垂します。若い果実は、翼果でほぼ垂直に開きます。

座禅草(ザゼンソウ) サトイモ科

<周りには雪渓が残っている>

座禅草(ザゼンソウ)は、宇奈月の深山の湿地に生えるサトイモ科の大型多年草です。雪渓の消え際で平らな場所でよく見かけます。周りには、まだ雪渓が残っています。

先ず紫黒色の花が開花する際に発熱が起こり、周囲の氷雪を溶かして花序のぞかせます。開花後に葉が成長します。葉は、丸みをおびた心臓型で長さは30から40cmと大型です。葉脈は表でへこみ、裏では出ています。

花は一方が開いた仏像の背景の形をしています。このような形は仏焔苞とよばれ、和名は苞の形を禅僧の座禅に見立てたところからきています。

アメリカでは悪臭がするところからスカンクキャベツの呼び名があります。この悪臭は、蠅等の昆虫をおびき寄せ受粉をさせる手段だと考えられています。花の命名は国によって随分と違うようです。大変興味深い花です。

六寸皿・仁清色絵藤

<柳鉢目の煮つけ>

富山湾の高級魚、柳鉢目(ヤナギバチメ)漁も終盤になると大物が水揚げされます。大物だけを吟味して醤油だれで炊きました。「雅膳」の煮物は、柳鉢目(ヤナギバチメ)の煮付けです。

延楽オンラインショップのお土産、贈答用の煮付けは甘味を強くしてあります。形の大きな柳鉢目(ヤナギバチメ)を一尾丸ごと煮つけにしてあります。特に煮汁に格別の旨さがあり、野菜を焚いても美味しく召し上がれます。オンラインショップの限定商品で人気があります。

季節の器は、「六寸皿・仁清色絵藤」です。

麦秋至(むぎのときいたる)

<黒部川扇状地の麦の収穫の頃>

5月31日から七十二侯は「麦秋至(むぎのときいたる)」で、二十四節気「小満」の末侯にあたる。黄金色に色づいた麦の穂が実る頃という意味。

黒部川扇状地の田んぼでは満面の水が湛えられ、苗が整然と植えられている。一部の田んぼでは麦の穂が実り、収穫の頃となる。麦の実りの季節を「麦秋」と呼ぶ。麦秋は梅雨入り前の一瞬の輝きである。この地で栽培される麦は、二条大麦で上品な酵母の香り高い宇奈月ビールの原料となる。

一方黒部の山々の次第に色味を増す緑は、濃淡のグラデーションを見せてくれる。この時期の雨も翠雨、緑雨、青雨などと色で表現される。6月1日は衣替え。旅館の室礼もいよいよ夏へと近づく。