靭草(ウツボグサ) シソ科

<直立した茎の先に紫色の肉穂花序をつける>

靭草(ウツボグサ)は、宇奈月の日当たりのよい山野の草地に生えるシソ科の多年草です。茎は20cmから30cmで、基部から葉を付けた短い匍匐茎を地表に伸ばします。匍匐茎とは、地上に伏して細長くのび、その先に芽を付ける茎のことで節から根や芽を出して繁殖します。

葉は、長楕円状披針形で対生し小さな柄があり、茎はシソ科特有の四角形です。花は、直立した茎の先に肉穂花序を出し円柱状の花穂につきます。花穂は、扁心形の苞に包まれ萼は、二唇形で上唇は一部切り取られたような切形で短い3歯があり、下唇は鋭く2裂しています。花冠は紫色で筒状二唇形で、上唇は兜状、下唇が3裂して開出しています。

花序の形を矢を入れる靫(ウツボ)に見立てたことが、名前の由来となっています。 夏に枯れても残るので夏枯草(カコウソウ)とも呼ばれ、生薬となります。高山帯では小型の立山靫草が見られます。