蝦夷紫陽花(エゾアジサイ) ユキノシタ科

<雨に濡れて美し輝く>

蝦夷紫陽花(エゾアジサイ)は、宇奈月の山中に生えるユキノシタ科の落葉低木です。

 北海道から北陸にかけての日本海側に多く見られます。原種の山紫陽花が、豪雪に埋もれ越冬する間に変化したのではと考えられています。

 葉には、葉柄があり対生し、大きな楕円形で縁には鋸歯があります。先梢に多数の青紫色の両性花を開かせ、 周りには額片が大型化した装飾化をつけます。 場所によっては、紅色の仲間も見られます。

北海道で多く分布することが、名前の由来となっています。

温風至(あつかぜいたる)

<延楽玄関前の松の剪定>

7月7日から二十四節気は「小暑」に入る。小暑は、本格的な暑さの前段階で、徐々に夏を肌で感じてくるようになる。例年この時期は、長く続いた梅雨が終わりを告げ、夏本番となる頃である。小暑の始まる日から立秋の前日までが「暑中」である。暑中見舞いはこの間に出し、過ぎれば残暑見舞いとなる。

七十二侯は、「温風至(あつかぜいたる)」で、二十四節気「小暑」の初侯にあたる。温風とは南風のことで、温風が吹いて蒸し暑い日が増えてくる頃という意味。沖縄から順に梅雨明けが始まるのもこの時期である。 今年は、日本列島に梅雨前線の停滞が続き、各地で大水害をもたらしている。加えて日照時間が短い日が連日続く。今日は残念ながら天の川が見られない。

この頃は、庭木の剪定の時期でもある。雨の中、職人たちが松の新芽を指で摘んで取り除く。葉が茂りすぎると樹形が見苦しくなる。常緑広葉樹は新しい枝が伸びてくるので剪定をして風通しをよくする。雨に濡れて緑が一段と美しく映える。