菊花開(きくのはなひらく)

<堂本印象:国光>

10月13日から七十二侯は「菊花開(きくのはなひらく)」で、二十四節気の「寒露」の次侯にあたる。菊が咲き乱れる頃という意味。各地で菊祭りが開かれ、朝晩の冷え込みがはっきりと感じられる頃でもある。

紅葉前線は9月中旬の立山室堂平(2450m)付近から次第に高度を下げ、今は黒部平(1828m)付近が紅葉の見ごろである。「秋の日はつるべ落とし」と言うくらいに日が短くなり、太陽はあっという間に沈んで、夜空には冴え冴えと月や星が輝く季節でもある。

清少納言は枕草子で「秋は夕暮れ。夕日のさして山の端いと近うなりたるに、鳥の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛びいそぐさえあはれなり。まいて雁などのつらねたるが、いとちいさく見ゆるはいとおかし。日入りはてて、風の音、虫の音など、はたいふべきにあらず。」と歌っている。宇奈月温泉に浸かり、夕暮れ時の虫や風の音に、風情を感じてみたいものだ。

大虎杖(オオイタドリ) タデ科

<白い花の虎杖の群生は圧巻>

大虎杖(オオイタドリ)は、宇奈月の亜高山の草地に生える、タデ科の大型の雌雄異株の多年草です。

地中に根茎が長く伸び、木質化し、各節から芽を出し、中空の太い茎を、大きく伸ばします。葉は広卵形で先は細く尖り、基部は浅い心形で互生します。

夏から秋にかけて、上部の葉腋から花穂が伸び、複数状に白色の小花を付け、花弁がなくて萼片があります。春先の芽は、山菜として食されます。