仁清色絵南天絵向附

<寒鰤造り>

富山湾では、連日寒鰤の豊漁で賑わっております。今が旬の寒鰤は、上質な脂がのっていますが身が引き締まっています。甘くて旨味のある脂は、全く臭みがなく身もコリコリとしています。大根おろしと醤油でいただくお造りは格別です。

季節の器は、「仁清色絵南天絵向附」です。赤絵と緑釉に金彩が使われているので華やかになります。

閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)

<雪化粧が美しい黒部の山々>

12月7日から二十四節気は「大雪」に入る。木々の葉はすっかり散り終え、雪の日が多くなる。

七十二侯は「閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)」で「大雪」の初侯にあたる。天も地も寒さで塞がれ、本格的な冬到来の頃という意味。宇奈月温泉を取り巻く山々は雪化粧。黒部川の水面近くの名残の紅葉が、季節の移ろいを感じさせる。季節は日一日と真冬へと向かってゆく。

これからの雪景色は、最も宇奈月温泉らしい風情を醸し出す。その雪景色と湯量豊富な温泉と富山湾の海の幸は、芸術家達を魅了した。延楽にゆかりのある川合玉堂、中川一政、小杉放庵、堅山南風、榊原紫峰等の巨匠の作品が館内に展示されている。峡谷に面した館は、雪を愛でるのに最も適したところである。