仁清色絵若松向付

<金彩の幹>

真冬でも青々と葉を茂らせる若松は、門松の飾りには欠かせません。新年に使う器にも、若松が配してあります。料理は、今が旬の雲子豆富です。

新年の器は、「仁清色絵若松向付」です。新芽の部分は鮮やかな緑釉を使い、幹の部分が金彩が使われています。小さいながらも華やかで品のある、幕の内にふさわしい器です。