祥瑞菊形向付

<小ぶりの祥瑞向付>

延楽の雅膳の一皿は「祥瑞菊形向付」で、永楽妙全の作品です。見込みは菊形に浅くかたどってあります。細かく丁寧に正確に文様を入れるのが妙全の特徴です。妙全は大正3年に三井高棟より号を受けます。

祥瑞の魅力の一つは、明るくて鮮烈な青である発色の良いコバルトブルーにあります。古染付も同様に青の発色に魅了されます。古染付と祥瑞の違いは何か。一つは、制作された時代の違いだと言われています。古染付は、中国で天啓年間(1621年~27年)を中心に作られ、祥瑞は崇禎年間(1628年~44年)を中心に作られました。

祥瑞は、発色が古染付よりも良く緻密な文様が特徴です。例えば幾何学文を細かく描き、丸文や繋文、螺旋状のねじり文にする独特の文様が特徴です。さらには吉祥文字や宝尽くし文、花鳥文など、祥瑞にふさわしいおめでたい文様が多くあります。今日残っている古い祥瑞は当初、茶人の注文品として中国で製作されました。謎の多い祥瑞です。

祥瑞や古染付の名品を多く所蔵しているのが、諏訪湖畔にあるサンリツ服部美術館です。東洋陶磁の中心になっている作品は、服部時計店三代目社長の服部正次の義父である塩原又策のコレクションです。塩原又策は第一三共製薬の創業者で、茶人でもあり美術収集家でもありました。恩人である高峰譲吉の計画に従って大正8年(1919)、三共製薬の本社内にアルミ精錬会社である東洋アルミナム株式会社を立ち上げ、黒部川の電源開発を進めていきます。その4年後に宇奈月に温泉が引湯され、宇奈月温泉が形成されていきます。

雉始雊(きじはじめてなく)

<雪に覆われた黒部川扇状地>

1月15日から七十二侯は「雉始雊(きじはじめてなく)」で、二十四節気「小寒」の末侯となります。雉子の求愛が始まる頃という意味です。

雉の雄は、雌を呼び込むために甲高い声で鳴きます。富山県内は35年ぶりの大雪で、温泉街の雪捨て場に雪が高く積み上げられています。黒部川下流の黒部川扇状地では、雉の求愛行動が活発化する時期ですが、大地がまだ雪に覆われているため、今年は遅れそうです。今日は、延楽・松の内の終わりで、松飾りを取り外し、左義長で見送ります。

左義長は、毎年2月の第一土曜日の宇奈月温泉雪カーニバルの日に宇奈月公園で行われます。左義長に点火されると、炎が夜空に勢いよく舞い上がり、歳神様もその炎に乗って天に帰るとされています。竹の炸裂音から、地域によっては、どんど焼きともいいます。今年は残念ながらコロナ禍で、左義長は中止となり雪上花火だけが打ち上げられます。早く感染拡大が収まって欲しいです。