色絵祥瑞輪花皿

<のど黒・煮付>

富山湾は、蟹漁の最盛期を迎えています。厳しい寒さが続く中、春の気配がかすかにあらわれる。のど黒は、脂がのって旨味が増します。お造りや焼き物、シャブシャブも絶品ですが、甘く焚き上げた煮付けもお勧めです。

季節の器は、「色絵祥瑞輪花皿」です。三浦竹泉の作で、落ち着いた色合いの色絵祥瑞です。輪花の角が立っているので針木皿の一種かもしれません。