焼締角皿

<登窯焼成は、素朴で味わい深い>

雅膳の一皿は、「焼締角皿」で真鯛の塩焼きです。焼締の皿は、使用前にたっぷりと水に浸しておくと一段と奥深い雰囲気が出ます。これは丹波焼で、使うほどに素朴さの中に柔らかさが出てきます。

焼締は、釉をかけずに約1200~1300℃の高温で焼成した陶器で、締焼きとも言います。陶磁器の粘土は素地に含まれる長石が高温で焼かれることで液状化し、ガラス質に変化して釉の代わりとなります。これを自然釉といって灰釉のことです。 

窯は本来、登り窯や穴窯を使用します。燃料は薪や藁でその灰も灰釉となります。焼成後の素地は、水を通さない等陶器に近い性質を持ちます。六古窯の信楽、丹波、越前、常滑などでは、緑色の自然釉が流れるほど高温で焼きしめられています。

鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)

<小泉智英:春きざし>

1月30日から七十二侯は、「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」で二十四節気「大寒」の末侯。鶏が春の気を感じ、卵を産み始める頃という意味です。

「大寒」は、冬の最後の節気であり一年で最も寒い時期です。厳しい寒さはまだまだ続くが、太陽は少しずつ力強さを増しています。生き物たちは敏感に春の気配を感じ、目覚めの準備をしています。この頃、梅の名所から白梅紅梅の開花状況が届くようになります。宇奈月は未だ蕾硬し。

ロビーでは、梅を題材にした絵画を展示しています。小泉智英先生の「春きざし」は、静寂な竹林を背景に、古木から延びる梅ヶ枝。小泉氏は福島県小川町の出身で、身近にある風景を、独特の視線や緻密な筆遣いで精神性の高い作品に仕上げています。自然が生み出す四季折々の風情を、凛と張り詰めた空間の中に表現しています。

ギャラリーでは、安田靫彦「春到」、横山大観「旭日」、金島佳華「雪の寒椿」等も展示しています。