織部入隅角蓋物

<魚煮付け>

富山湾に柳鉢目が水揚げされるようになりました。まだ数が少ないようです。2月から4月にかけ漁が最盛期を迎えます。くせのない白身なので、焼き物、煮物、揚げ物などの美味しい肴になります。地酒は千代鶴・純米吟醸のぬる燗がおすすめです。

季節の器は、「織部入隅角蓋物」です。

織部焼は、慶長年間から寛永年間に美濃で焼かれた、斬新奇抜な加飾陶器の総称で、その技法によって分類されます。緑釉を総掛けしたものは「総織部」、緑釉と鉄絵の組み合わせたものは「絵織部」、赤土上に鉄絵、白土上に緑釉を施したものは「鳴海織部」、赤土上に白泥鉄絵を組み合わせたものは「赤織部」、志野風の絵付けのものは「志野織部」と分類されます。これに形が取り入れられますので、多種の織部の器が生まれます。