飴釉金箔馬盥形向付

<氷見牛炙り>

雅膳の焼物は、氷見牛の炙りです。脂の少ない赤みの部位を炙りにしています。地元栽培の甘みのあるアスパラを添えます。この時期は、アスパラの美味しい季節です。

季節の器は、「飴釉金箔馬盥形向付」です。飴釉の向付の見込みに金箔を施してあり、馬盥形ですが華やかな器です。

板谷楓(イタヤカエデ) カエデ科

<日一日と萌黄色の葉が広がる>

板屋楓(イタヤカエデ)は、宇奈月の山地に生えるカエデ科の落葉高木で、高さは15メートルから20メートルにもなります。

カエデ属の葉は、ほとんどが縁に鋸歯があるのに対して、イタヤカエデの葉は、対生し縁には鋸歯がなく全縁の形をしています。

花は、若枝の先に散房状花序を垂れ下げ、長い葉柄の先に小花をつけます。4月から5月に、葉よりもわずかに早く開きます。新葉と同色のため、花の存在が分りづらいです。葉は、晩秋には荘厳な黄金色に輝き黒部峡谷を彩ります。