蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)

<相倉集落・田植えで忙しくなる頃>

5月20日から二十四節気は「小満」に入ります。小満とは陽気盛んにして万物の生長する気が天地に満ち始める頃で、立夏から数えて15日目となります。七十二侯は「蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)」で二十四節気「小満」の初侯になります。蚕が桑の葉を盛んに食べて成長する頃という意味です。

越中五箇山では古くから養蚕が盛んで、合掌造りの内部は養蚕の為の様々な工夫がなされています。茅葺屋根の家屋が田圃の水面に映り込む頃でもあります。日一日と夏めく日が続き、麦の収穫、田植えの準備などで農家は活気に満ち溢れます。この時期のやや強い南風を青嵐(あおあらし)と呼び、雨を翠雨、緑雨、青雨と呼び天候を色で表わす程、森羅万象は色付いています。

この頃は、異常乾燥に見舞われる時期でもあります。昭和21年5月21日、宇奈月温泉街の建設会社の作業所付近から出火し、フェーン現象と強風で火が瞬く間に八方に飛ばされ、宇奈月温泉のほとんどの建物を焼失するという大火災が起きました。そこから復興して今日の宇奈月温泉があります。それ以来5月21日は、「宇奈月温泉大火記念日」として、大規模な火災訓練がおこなわれ、宇奈月神社では火鎮祭が行われます。防火意識の高揚で、お客様の安心と安全を守っています。

朴の木(ホオノキ) モクレン科

<大形で芳香がある>

朴の木(ホオノキ)は宇奈月の山や平地に生えるモクレン科の落葉高木です。栃の木とよく間違えられ、高さ20mを越える高木は、樹皮が灰白色でまばらに分岐します。

大形の長楕円形の葉は、枝先の新しく伸びた部分に集まって互生しますが、束生しているので輪生状にも見えます。芳香のある葉は殺菌作用があるためおにぎり、お餅、ちらし寿し等、食物を包むのに用いられました。また肉厚の葉は、落ち葉になった後も火に強いので味噌や他の食材を載せて焼く器代わりにも使われています。

花は大形で芳香があり、輪生状の葉の真ん中に1個だけつけます。栃の木に蔓性の植物がよく寄生するのに対し、朴の木にほとんど見られないのは、他の植物を排除する物質を分泌する、他感作用を示すためだと考えられます。