蒙霧升降(ふかききりまとう)

<2年前の炸裂音凄まじい宇奈月温泉花火大会>

8月18日から七十二侯は「蒙霧升降(ふかききりまとう)」で二十四節気「立秋」の末侯となります。蒙霧とは立ちこめる深い霧のことで、朝晩の冷え込みで霧が発生しやすくなる頃という意味です。俳句では霧は秋の季語で、これから山や川、湖などに霧が発生しやすくなります。

毎年、8月18日は宇奈月温泉花火大会で、光の大輪が峡谷の夜空を華やかに彩ります。宇奈月温泉は四方を山に囲まれているため、花火の炸裂音が峡谷中に響き渡ります。残念ながら今年も昨年に引き続き、コロナウイルスの感染拡大により中止となりました。来年はコロナの収束記念の花火大会になるよう願っております。

宇奈月温泉の花火大会の歴史は古く、第一回目は1929(昭和4)年で、今から92年前です。柳河原発電所が完成して2年後です。その年の雪融けを待って、6月から猫又から鐘釣までの専用軌道の工事が始まります。日本電力が宇奈月の地に旅館や料理屋の誘致を始めてから5年後の事です。昭和の大不況は温泉街をも巻き込み、廃業に追い込まれる旅館が何軒もでました。同年(昭和4年)10月24日、ウォール街の株価が暴落し、暗黒の木曜日が始まります。そしてアメリカの経済悪化が発端となり世界恐慌が始まります。そんな暗い時代を元気づけるために有志によって宇奈月温泉花火が行われました。

どんな時代でも変わらぬものがあります。それは黒部の特殊な地形が生み出す宇奈月の自然です。周辺の山野では秋茜が飛び交い、山萩、薄、田村草などの秋を彩る山野草が咲き始めます。山から吹き下ろす風も秋の気配が感じられるようになりました。コロナ禍においても、四季の移り変わりが湯船で感じられるのが宇奈月温泉の魅力です。

小金鈴花(コキンレイカ) オミナエシ科

<亜高山の岩場に生える小金鈴花>

小金鈴花(コキンレイカ)は、宇奈月の亜高山の岩場に生える、オミナエシ科の多年草です。

地下茎は横にはい、匍匐枝(ホフクシ)を出して増えます。匍匐枝とは、地上近くを這って細長く伸び、そのさきに芽を付ける茎のことで、その節から新しい茎が伸び増えていきます。葉は対生し、裂片には大きな欠刻と鋸歯があります。茎頂には黄金色の小花を散状花序に多くつけます。

黒部峡谷・下の廊下の岩場でもよく見かけ、別名、白山女郎花(ハクサンオミナエシ)ともよばれています。紅葉の下の廊下を歩いていると、オミナエシ科の独特のに匂いがします。和名は、白山に多く見られることに由来します。温泉街周辺では女郎花(オミナエシ)の白花の男郎花(オトコエシ)が咲いています。