青楽舩形向附

<香箱蟹>

香箱蟹は、小さいながら内子、外子には格別なう旨みがあります。しかも古い器に不思議と合います。特に青楽の色合いにはうまく収まります。目で楽しめるのは器の妙技です。酒器は古九谷が合います。

季節の器は、「青楽舩形向附」で楽弘入の作です。弘入は、1871年(明治4)に12代目吉左エ門を襲名して、1919年(大正8)に石山寺の近くに隠居します。黒部川の電源開発に取り組む東洋アルミナムと日本電力が設立された年です。