染付獣面芙蓉手向附

<冬野菜焚合>

魚料理の合間に、冬野菜の焚合せが欲しくなります。水菜や根菜類などの種類が多くなります。中でも蕪は外せません。甘鯛との蕪蒸しも人気があります。ここは特製の出汁で優しく炊きます。

季節の器は、「染付獣面芙蓉手向附」です。周縁部の獣面は器の中の物を護って邪気を祓うところから、染付芙蓉手の器にはよく見られます。