春虎の尾(ハルトラノオ) タデ科

harutoranoo01

春虎の尾(ハルトラノオ)は、宇奈月の湿った落葉樹林内に自生するタデ科の多年草。

花は、高さ10cm位の花茎の先に密な花穂をつくり、白色でわずかに淡紅色をおびる。

花穂を虎の尾に見立て春早く咲くところから和名がきている。

地下茎は、横に這って所々膨らみ、根出葉は長楕円形で長い柄がある。

かたくりの群落の中にまとまって咲いているのをよく見かける。

これも、初夏には姿を消してしまうスプリング・エフェメラルの一種。