沢繁縷(サワハコベ) ナデシコ科

sawahakobe03

沢繁縷(サワハコベ)は、宇奈月の山地の落葉樹林内に生えるナデシコ科の多年草。

茎の上部は斜上して分岐し下部は地を這ってひげ根を出し群落を作る。

葉に葉柄があり三角状卵型で先端は鋭形になっている。

花は先端で単生し、白色の5個の花弁は2中裂している。

カタクリの花が終わると一斉に咲き始める。

春の七草のハコベは花弁の切れ込みが深く10個の花弁に見えるので違いがよくわかる。