早朝ウォークで見つけた山野草【赤花(アカバナ)】

akabana.jpg
 鮮やかに紅葉した草紅葉【赤花(アカバナ)】

赤花は、宇奈月温泉の日当たりのよい水湿地に生えるアカバナ科の可憐な多年草です。
茎は分枝し高さ20cmから70cmになり、茎の上部に7月から8月にかけて、淡紅紫色の可憐な小花をつけます。
花弁が4個あり、小さいながらも心に残る美しさは、それぞれの先端が浅く2裂になっているからです。

秋風が吹くようになると茎、葉、果実のすべてが赤紫色に紅葉するので赤花の名前がつきました。
鮮やかな草紅葉に白く見えるのは、果実のサヤがはじけ、白い毛のある実が飛び出してきたところです。

朝晩、冷え込んでくると草や低木の葉が紅葉してきます。
宇奈月温泉の山々の草紅葉が美しく映えるのも、もう間もなくです。

山野草が楽しめる宿 延楽