早朝ウォークで見つけた山野草【捩花(ネジバナ)】

nezibana.jpg
宇奈月温泉の林道沿いに生える【捩花(ネジバナ)】

捩花(ネジバナ)は、最近宇奈月温泉の林道沿いによく見かけるラン科の多年草です。
花は、茎の先にらせん状に捩じれた薄紅色の花穂を作り横向きに咲き、春先から9月頃まで見られます。
花穂が螺旋状に捩じれた状態から名前が付けられました。

小さな花をよく見ると、カトレアに似ているのでランの仲間だということがよくわかります。
上からこの螺旋を見ると、右回りと左回りがあります。
稀に白花の変種も見られます。

宇奈月温泉の林道が毎年整備されるようになりました。
特に、のり面補修工事はコンクリートの吹き付け工法から植物の種を吹き付けて緑化を図る工法が取入れられるようになりました。
その生育した植物の中に、捩花が多く見られるようになりました。

その他、宇奈月温泉の河川敷公園やゴルフ場の芝の中でよく見かけます。
どうもイネ科の植物と相性が合うようです。

山野草が楽しめる宿 延楽