芹乃榮(せり、すなわちさかう)

<小寒の雪景色>

1月6日から二十四節気は「小寒」に入る。この日から節分までを「寒の内」。節分の翌日は立春で「寒の明け」迎える。

それまでは厳しい寒さが続き、「小寒の氷、大寒に解く」と言う故事があるほど寒さは一層厳しくなる。

地元の酒造会社では新酒の仕込みが最盛期を迎える。杜氏や蔵人が朝早くから作業に精を出す。

七十二侯は、「芹乃榮(せり、すなわちさかう)」で二十四節気「小寒」の初侯。

厳しい寒さが続くが田んぼや水辺では、芹が生え始める頃という意味。芹は春の七草の一つで、正月7日に七草粥を食べると一年の邪気を祓うとされる。

6日は黒部市消防団の出初式。早朝より消防訓練のサイレンが山間の温泉街に響く。本年は自然災害のない平穏な年でありたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です