津合蟹・焼蟹

<最高の焼蟹を提供します>

富山県より西の地域では11月6日、津合蟹(ずわいがに)が解禁となります。3月20日まで漁が続きます。紅津合蟹(べにずわいがに)は9月1日に解禁となっています。

雪を纏った立山連峰が、富山湾越しにくっきりと見える頃、津合蟹漁が始まります。富山湾の冬の味覚は、何といっても寒鰤と津合蟹です。

とりわけ津合蟹は、蟹味噌が濃厚で、加えて蟹身の旨味と甘みが特徴です。お造り、蒸蟹、蟹ちり、焼蟹等、多彩な料理が楽しめます。

なかでも焼蟹は、蟹の旨みを最大限引き出せる一品です。蟹足の表面を炭火で炙り、中は熱々でジューシーな状態が最高の食べ頃です。この火加減がなかなかと難しいので、幣館では、お客様の目の前で、焼職人が炙ります。

焼蟹は、地酒との相性が、特に良い。雪見露天風呂が楽しめるこの時季、蟹料理は本番を迎えます。