向付・浅葱交趾渕銀波

<富山湾産の黒鮑>

梅雨が明けると富山湾のアワビ漁が本格化します。主な漁場は滑川から以東で、特に魚津、入善、朝日の転石地帯に多く、潜水で漁獲されます。富山湾の東側は、早月川、片貝川、黒部川などによって運ばれた巨大な石が沈んでいます。

雅膳の一品は、蒸しアワビです。夏野菜を添えて。
季節の器は、「向付・浅葱交趾渕銀波」です。浅葱色は海の色です。

六寸皿・色絵瓢箪絵

<程よい大きさの六寸皿>

瓢箪は、「三つで三拍(三瓢)子揃って縁起が良い、六つで無病(六瓢)息災」などといわれ、健康長寿と家内円満をもたらす吉祥意匠として器によく使われます。延楽のど黒会席の一皿、のど黒西京焼きです。上質な脂がのってお酒とよく合います。

季節の器は、「六寸皿・色絵瓢箪絵」です。瓢箪の棚は、暑い日差しを遮ってくれます。

仁清色絵団扇形小鉢

<夏の会席には外せない>

蛍が宇奈月公園の小川で、飛び交うようになりました。黒部川の川風が涼やかに感じられるようになり、河鹿の鳴き声も確認できます。器と料理で涼を表現します。

季節の器は、「仁清色絵団扇形小鉢」です。見ているだけで川風が感じられます。

平皿・染付木ノ葉形

<栄螺のもろみと辛子和え>

富山湾の夏の味覚に栄螺(サザエ)の壺焼きがあります。栄螺を出汁で含め煮にして、もろみと和辛子を和えます。サザエの旨みに出汁ともろみが合わさり、和辛子の辛味が残暑の暑気を払ってくれます。

季節の器は、「平皿・染付木ノ葉形」です。白磁に染付の藍青色が涼しさを呼びます。

色絵露草団扇形皿

<蛍が飛び交う>

宇奈月公園のせせらぎで、蛍が飛び交うようになりました。源氏蛍が先に現れ、2週間程たってから平家蛍が現れます。夏野菜がおいしい時期となりました。先ずは夏野菜の天ぷらです。

季節の器は、「色絵露草団扇形皿」です。緑釉の濃淡で巧みにつゆ草を描いています。

陶芸家・釋永由紀夫

<お茶室での作品展示>

釋永由紀夫さんは、越中瀬戸焼の陶芸家で、備前の金重素山に師事して茶陶を学び、林屋晴三の教示を受けます。朝鮮半島の窯をよく訪ねられ、陶芸の研究と陶芸家の交流も図っておられます。

窯は越中瀬戸・庄楽窯で、富山県中新川郡立山町上末の静かな高台の田園地帯にあります。 上末(うわずえ)の地は、良質な白土が採れるので、その歴史は古く奈良、平安時代に須恵器が焼かれた古窯が築かれた所です。釈永さんの説明によれば地名の上末は、元は上須恵であったようです。

延楽には、釋永さんの作品展示コーナーが設けられております。米アップル創業者の故スティーブ・ジョブズ氏が好んだ陶芸家としても知られているところです。

鎚目足付アルミ長皿

<夏の前菜>

夏の前菜は、夏野菜で飾ります。硝子の器の他にアルミの器を使う場合があります。硝子もアルミも涼やかに感じられます。季節の器は、「鎚目足付アルミ長皿」です。

槌目とは、板材の表面に金槌などで槌の跡を打ち付けて模様をつけます。打ち付ける槌の大きさや力の加減によって槌目は変わります。アルミ本来の輝きと鎚目に反射するきらびやかな美しさから、器にも使われるようになりました。

緑釉筏長角皿

<鰈の西京焼き>

初夏は鰈が美味しくなります。さっぱりとした西京焼きがお勧めです。富山湾で獲れるカレイの仲間にはヒレグロ、アカガレイ、マコガレイなどがあります。ヒレグロやアカガレイは水深200m前後に生息するので、底引き網やごち網で漁獲されます。マコガレイは比較的浅いところに生息し、お刺身がお勧めです。

季節の器は、「緑釉筏長角皿」です。紐状の粘土を束ねて筏状にします。緑釉の濃淡が涼しさを醸し出します。

仁清写し百合形向付

<翡翠茄子>

宇奈月温泉の山道を歩くと、芳醇な香りが漂ってきます。笹百合の開花です。6~7月ごろ淡いピンク色の花を咲かせます。野々村仁清はこれを形どって器を作ります。本歌は野村美術館と根津美術館に収蔵されています。

雅膳の一皿は、「仁清写し百合形向付」です。初夏の風を器で感じながらお料理を味わってください。

色絵波絵向付

<鱧の湯引き>

一年で一番日が長い夏至を過ぎると、夏に向かって暑さが増していきます。7月1日から始まる祇園祭のころに鱧は旬を迎えます。梅肉を添えて牡丹鱧でお召し上がりください。

季節の器は、「色絵波絵向付」です。夏に向かっての器です。