古九谷色絵花鳥図向付

<青緑山水>

立春に入りましたが雪の日が続きます。寒鰤は良質な脂が載っています。ぶりしゃぶの前にお造りをいただきます。大根おろしと一緒に食べると一味違います。

季節の器は、「古九谷絵花鳥向付」です。青緑の強い向付が合います。青緑山水はもともとは古代の中国で表された神仙たちが住む常世の世界を表しています。

九谷焼は、石川県南部で江戸時代以来焼き継がれている陶磁器の総称です。江戸前期の古九谷、江戸後期の再興九谷、明治以降の近代九谷と現代九谷とに分類されます。その地域の特色を加味して江沼九谷、能美九谷、金沢九谷の分類も用いられています。古九谷は色絵と青手の二つがあり、力強く自由奔放な色と構図の大胆さから、世界でもまれにみる芸術的な陶磁器として高く評価されています。

白楽梅形向付

<白海老の湯葉巻>

2月8日から七十二侯は、黄鶯睍睆(こうおう けんかんす)で、二十四節季の立春の次候にあたります。春を告げる鶯が鳴く頃と言う意味です。その年の最初に聞く鶯の声が初音です。

強い寒気が流れ込む中ではありますが、各地の象台が、梅の開花宣言を発表するのもこの頃です。 梅の香りを思い浮かべながらいただく一品は、白えびの湯葉巻です。程よい塩梅の延楽特製の煎り酒で合わせていただきます。合わせる地酒は、千代鶴酒造の恵田です。

季節の器は、「白楽梅形向付」です。 白楽は、赤楽、黒楽に対しての呼称です。香炉釉など白釉を使用したものと、白土の胎土に透明釉をかけたものとがあります。香炉釉とは楽焼に使われる白釉の一です。白い失透釉で荒く貫入が入るのが特徴です。楽家二代常慶によって始めて使用されました。

赤楽梅形向付

<白海老には煎酒が合います>

白海老の湯葉巻です。程よい塩梅の延楽特製の煎り酒でお召し上がり下さい。合わせる地酒は、勝駒純米吟醸です。楽焼の柔らかさが出ています。
 
季節の器は、「赤楽梅形向付」です。 赤みを帯びた色調は、陶土の鉄分によるもので、釉は透明あるいは半透明の低火度釉が使われています。

鬼外福内七寸皿

<節分と立春の前菜>

2月3日は節分です。二十四節気の「立春」は節分の翌日になります。旧暦では1年の始まりとされていて、春の兆しが少しずつ現れ始めます。寒さのピークもここまでで、まさに立春大吉です。

季節の器は、「鬼外福内七寸皿」で節分と立春に使います。福は内側に描かれ、鬼の顔は外側に描かれています。鬼の角は、皿の内側に描かれているユーモアのある器です。こういう遊び心に福来るとなります。節分は季節の変わり目の邪気払いです。新型コロナウイルス・オミクロンも一緒に払いましょう。

染付市松小付

<鮮やかな市松模様>

小付は、小鉢より一回り小さな鉢のことを言います。形は丸形、角形が基本ですが、丸形でも花の形をあしらった菊花、輪花、木瓜など様々な形があります。山海の珍味を入れるのに適しています。いろんな色の組み合わせで楽しめます。

雅膳の一品は、「染付市松小付」で、乾山写しです。小さいながらもしっかりと市松模様が描かれています。

銀彩色絵水玉紋角皿

<富山湾の幸は銀彩に映えます>

大陸からの寒波到来で、富山県内は2日続けての雪です。露天風呂からの雪景色は至福の時です。富山湾で水揚げされる魚は、ますます身がしまってきます。本日の活鮮は津和井蟹、富山海老、アラ、寒鰤です。

季節の器は、「銀彩色絵水玉紋角皿」です。富山湾の幸は、銀彩に美しく映えます。

銀彩とは、銀箔や銀泥使って加飾する技法です。石川県立美術館蔵の色絵銀彩雉香炉は、17世紀後半に、京都小室焼の野々村仁清が銀泥を用いた銀彩の代表作です。銀は酸化しやすく黒ずんでくるので、今日では透明度の高い淡い青釉や萌黄釉の釉下に、銀箔文様を貼り付けて施釉する釉裏銀彩の技法も行われています。

高麗色絵松竹梅絵蓋向

<金彩の縁取りが美しい>

蓋向は、器全体に絵付を施してあるほうが美しく映えます。
雅膳の一皿は、「高麗色絵松竹梅絵蓋向」で青一色の松竹梅ですが、縁取りを金彩で加飾してあるので華やかになります。蓋のついた器を蓋物といいます。

焼締角皿

<登窯焼成は、素朴で味わい深い>

雅膳の一皿は、「焼締角皿」で真鯛の塩焼きです。焼締の皿は、使用前にたっぷりと水に浸しておくと一段と奥深い雰囲気が出ます。これは丹波焼で、使うほどに素朴さの中に柔らかさが出てきます。

焼締は、釉をかけずに約1200~1300℃の高温で焼成した陶器で、締焼きとも言います。陶磁器の粘土は素地に含まれる長石が高温で焼かれることで液状化し、ガラス質に変化して釉の代わりとなります。これを自然釉といって灰釉のことです。 

窯は本来、登り窯や穴窯を使用します。燃料は薪や藁でその灰も灰釉となります。焼成後の素地は、水を通さない等陶器に近い性質を持ちます。六古窯の信楽、丹波、越前、常滑などでは、緑色の自然釉が流れるほど高温で焼きしめられています。

灰釉四方平向付

<灰釉陶器>

灰釉とは、草木の灰を原料として長石、陶石、粘土などを配合した高火度釉です。釉の主成分になる原料の長石、石炭、カオリン、珪石のうち、石炭と珪石を植物の灰に求めたものをいいます。焼成すると溶融してガラス質の釉となります。

中国では殷代に作られ後に青磁の釉へと成熟します。さらには灰釉から黒釉や白釉が作られました。日本では平安時代の9世紀に、愛知県の猿投窯が中国の越州窯青磁を手本に灰釉を開発し、さらに古瀬戸などへ発展します。桃山時代には陶技も進歩し、灰釉は美しい釉として茶人の評価を得ます。江戸時代には民窯の定番となり、大正末年には民芸という美術として人々の認知を得ます。

土灰に長石を混ぜた灰釉は、還元焼成で透明性の緑色を呈し、酸化炎で透明性の褐色を帯びます。これは原料に含まれる鉄分による呈色です。また灰釉には呈色剤を加えて各種の色を表すことができます。緑の織部釉は銅呈色の灰釉のことであり、褐色の飴釉は鉄呈色の灰釉のことです。藁灰による白濁釉は海鼠釉ともいわれています。

雅膳の一皿は、「灰釉四方平向付」です。大き目の器でも、灰釉独特の味わいと貫入の美しさが味わえる優しい器です。

乾山写寿見込向附

<香ばしい高煎揚げ>

延楽「雅膳」の揚げ物の一例は、車海老高煎揚です。大根餅を添えて。雪の季節は赤い色合いの器が映えます。季節の器は、「乾山写寿見込向附」です。

尾形乾山は、寛文3年(1663)京都の呉服商尾形宗謙の三男として生まれ、兄は画家の光琳です。野々村仁清に陶芸を学び、元禄12年(1699)37歳のとき京都市右京区鳴滝泉谷に鳴滝窯を開窯しました。そこでは色絵、銹絵、銹絵染付の茶道具や食膳器を主体とし、角皿、変形皿、茶碗、火入、香合などが作られました。乾山移転に伴って工房は洛西鳴滝、洛中二条丁子屋町、江戸の入谷村の三カ所に設けられ、それぞれの窯で作られた作品を鳴滝乾山、丁子屋町乾山、入谷乾山とよんでいます。

乾山焼の伝統は、有名無名の京焼の陶工たちにより、写しとして現在へと受け継がれています。