平皿・染付木ノ葉形

<栄螺のもろみと辛子和え>

富山湾の夏の味覚に栄螺(サザエ)の壺焼きがあります。栄螺を出汁で含め煮にして、もろみと和辛子を和えます。サザエの旨みに出汁ともろみが合わさり、和辛子の辛味が残暑の暑気を払ってくれます。

季節の器は、平皿・染付木ノ葉形です。白磁に染付の藍が涼しさを呼びます。

平皿・染付木ノ葉形

<富山湾の岩牡蠣>

雅膳の強肴は、富山湾の夏の旬「岩牡蠣」です。

富山湾には、ミネラルを多く含んだ雪解け水が急流河川によって多く注がれ、河口の沖合ではその伏流水が湧き出し海水温下げて、岩牡蠣の産卵を遅らせます。

9月に産卵期に入るので8月の岩牡蛎は、グリコーゲンやミネラルをたっぷりと蓄えて、クリーミーな味になります。特性のタレで味わってください。

季節の器は、平皿・染付木ノ葉形です。

仁清色絵藤 六寸皿

<茶ばちめの煮つけ>

6月21日から二十四節気は「夏至」に入り、1年の内で最も日が長く、夜が短くなる頃です。これを機に盛夏に向います。

富山湾では柳ばちめが水揚げさるようになりました。雅膳の煮物は柳ばちめの煮付けです。

季節の器は、仁清色絵藤六寸皿です。

渕金線南京形 小鉢

<越中宮崎産・岩モズク>

越中宮崎産の岩モズクが旬を迎えました。宮崎漁港は朝日町で新潟県境に位置します。

一般のモズクは、ホンダワラ等の藻につきますが、越中宮崎産岩モズクは、岩礁につきます。太くて歯ごたえがあるので口いっぱいに磯の香りが広がります。 合わせる地酒は朝日町の林酒造の大吟醸「黒部峡」がお薦めです。 ふくよかで切れのいいお酒です。

季節の器は、ガラスの小鉢・渕金線南瓜形です。

向付・黄交趾菖蒲形

<越中宮崎産・岩モズク>

越中宮崎産の岩モズクが旬を迎えました。宮崎漁港は朝日町で新潟県境に位置します。

一般のモズクは、ホンダワラ等の藻につきますが、岩モズクは、岩礁につきます。太くて歯ごたえがあるので口いっぱいに磯の香りが広がります。 合わせる地酒は朝日町の林酒造の大吟醸「黒部峡」がお薦めです。 ふくよかで切れのいいお酒です。

季節の器は、向付・黄交趾菖蒲形です。