黒漆梅蒔絵吸物椀

<立春過ぎれば梅です>

立春に入ると、梅の開花の便りが聞こえてきます。富山湾の津和井蟹漁で漁港は活況を呈しています。蟹真丈の吸い物で箸が進みます。

季節の器は、「黒漆梅蒔絵吸物椀」です。

古九谷色絵花鳥図向付

<青緑山水>

立春に入り雪の日が続きます。寒鰤には良質な脂が載ってきます。ぶりしゃぶの前にお造りをいただきます。大根おろしと一緒に食べると一味違います。

季節の器は、「古九谷絵花鳥向付」です。青緑の強い向付が合います。青緑山水はもともとは古代の中国で表された神仙たちが住む常世の世界を表しています。九谷焼は、石川県南部で江戸時代以来焼き継がれている陶磁器の総称です。江戸前期の古九谷、江戸後期の再興九谷、明治以降の近代九谷と現代九谷とに分類されます。その地域の特色を加味して江沼九谷、能美九谷、金沢九谷の分類も用いられています。

古九谷は色絵と青手の二つがあり、力強く自由奔放な色と構図の大胆さから、世界でもまれにみる芸術的な陶磁器として高く評価されています。

白楽梅形向付

<白海老の湯葉巻>

2月8日から七十二侯は、黄鶯睍睆(こうおう けんかんす)で、二十四節季の立春の次候にあたります。春を告げる鶯が鳴く頃と言う意味です。その年の最初に聞く鶯の声が初音です。

強い寒気が流れ込む中ではありますが、各地の象台が、梅の開花宣言を発表するのもこの頃です。 梅の香りを思い浮かべながらいただく一品は、白えびの湯葉巻です。程よい塩梅の延楽特製の煎り酒で合わせていただきます。合わせる地酒は、千代鶴の恵田です。

季節の器は、「白楽梅形向付」です。

赤楽梅形向付

<白海老には煎酒が合います>

白海老の湯葉巻です。程よい塩梅の延楽特製の煎り酒でお召し上がり下さい。合わせる地酒は、勝駒純米吟醸です。楽焼の柔らかさが出ています。
 
季節の器は、「赤楽梅形向付」です。

染付市松小付

<鮮やかな市松模様>

小付は、小鉢より一回り小さな鉢のことを言います。形は丸形、角形が基本ですが、丸形でも花の形をあしらった菊花、輪花、木瓜など様々な形があります。山海の珍味を入れるのに適しています。いろんな色の組み合わせで楽しめます。

雅膳の一品は、「染付市松小付」です。小さいながらもしっかりと市松模様が描かれています。

東風解氷(はるかぜこおりをとく)

<春めく黒部の山>

2月3日から二十節気は「立春」を迎えます。立春は冬が極まり春の気配が立ち始める日とされ、1年の始まりの節気でもあります。旧暦の元旦は立春に近い新月の日で、正月を新春、初春と呼ぶのはこの名残です。この日から立夏の前日(5月4日までが春となります。

立春は、あらゆる節日の基準日となります。おわら風の盆に謡われる二百十日は、立春から数えると9月1日になります。八十八夜も同様で暦に記して農作業の目安としました。七十二侯の始まりは、「東風解氷(はるかぜこおりをとく)」で二十四節気「立春」の初侯。東風とは春風のことで、東から温かい風が吹き、張り詰めていた氷を解かし始める頃という意味です。今日から日足が伸び木々も次第に芽吹き始め、春の兆しが少しずつ現れ始める頃です。禅寺では早朝に立春大吉と書いた厄除けの紙札を貼って、邪気を払います。

鬼外福内七寸皿

<節分と立春の前菜>

今年の節分は、2月2日です。二十四節気の「立春」は節分の2日後になります。旧暦では1年の始まりとされていて、春の兆しが少しずつ現れ始めます。寒さのピークもここまでで、まさに立春大吉です。

季節の器は、「鬼外福内七寸皿」で節分と立春に使います。福は内側に描かれ、鬼の顔は外側に描かれています。鬼の角は、皿の内側に描かれているユーモアのある器です。こういう遊び心に福来るです。節分は季節の変わり目の邪気払いです。コロナウイルスも一緒に払いましょう。

銀彩色絵水玉紋角皿

<富山湾の幸は銀彩に映えます>

大陸からの寒波到来で、富山県内は2日続けての雪です。露天風呂からの雪景色は至福の時です。富山湾で水揚げされる魚は、ますます身がしまってきます。本日の活鮮は津和井蟹、富山海老、アラ、寒鰤です。

季節の器は、「銀彩色絵水玉紋角皿」です。富山湾の幸は、銀彩に美しく映えます。

銀彩とは、銀箔や銀泥使って加飾する技法です。石川県立美術館蔵の色絵銀彩雉香炉は、17世紀後半に、京都小室焼の野々村仁清が銀泥を用いた銀彩の代表作です。銀は酸化しやすく黒ずんでくるので、今日では透明度の高い淡い青釉や萌黄釉の釉下に、銀箔文様を貼り付けて施釉する釉裏銀彩の技法も行われています。