宇奈月温泉街でおわら街流し

owara_u1.jpg

黒部川の夜風にのって、胡弓の物悲しい響きが温泉街に漂っています。

25日から恒例のおわら街流しが始まりました。

まず温泉街広場で、基本の豊年踊りの練習会が1時間ほど行われます。

ある程度踊りをマスターしたら、さあーいざ街流しに参加。地元の人の踊りを見ながら、おわらの体験をして下さい。8月31日まで行われます。

9月9日から9月15日の期間も仲秋のおわらとして開催されます。

宇奈月温泉の花火

hanabi.jpg

山間に響く花火の炸裂音。すさまじい音が峡谷を走り抜けます。

宇奈月温泉花火大会がクライマックスを迎えます。観客の感嘆の声。

花火は、宇奈月スキー場の直下から打ち上げられ、火花が雑木林に容赦なく降り注ぎます。

事前に消防団員により広範囲に大量の水がまかれます。華やかさの裏には、大変な苦労があります。今年も事故もなく無事に終わりました。花火が終わると、暑さも少しは和らぎます。

 

延楽の餅つき

motituki.jpg

延楽恒例の餅つきが始まりました。

期間は8月11日から8月17日までの1週間です。

この期間は、旅館にとっては、お盆で最も忙しい期間になります。日頃の謝恩の気持ちを込めまして、最も忙しいこの時期に行っています。

お子様も飛び入りで、お餅をついて旅の思い出になります。

つきたてのあんこのお餅や、黄粉餅などが宿泊者に振舞われます。

とやま昆布祭り

konnbu.jpg

とやま昆布祭りが、高岡で開催されました。富山といえば売薬さん。

そうなんです。昆布はかつては、富山の売薬さんを介して、薩摩、琉球へと運ばれ、さらには中国の内陸部まで流通したようです。 当時の輸送手段は、北前船でした。

このイベントは先人達のチャレンジ精神に学び、当時の北前船の寄港地の方々と交流を深めるのが目的だそうです。

女優の石井苗子さんの講演によれば、昆布を食べると、がんの予防、頭が寂しい方、老化防止等に効果があるそうです。

やけに詳しいと思ったら、石井さんは予防医学のドクターだとか。

ちなみに昆布の消費量日本一は、富山県です。

延楽のレディースプラン

b0731.jpg 新しいレディースプランができました。今日は受け入れのおさらいです。今回は料理重点の企画です。今までとちがった新しい創作料理を取り入れています。味はもちろんのこと、見た目に美しくいろんな所に工夫をこらしています。おしゃれ色浴衣で街を散策するのもいいですね。ご期待ください。

宇奈月消防分団員

撮影各務.JPG

今日は秋の料理の撮影。何点かとり終わったころ、温泉街のはずれのアパートで、不審な煙がでているという通報がありました。私は消防分団員なので現場にかけつけました。豆をこがした煙ということで・・・一件落着。田舎の団員は、選挙と火事になると不思議と底力を発揮します。

撮影再開。板長もカメラマンも、納得いくまでとり直しするので、いつも深夜まで続きます。体力勝負です。

宇奈月温泉の山野草・鬼下野

IMG_0034.JPG 雨にそぼぬれた山野草は、みずみずしく輝いています。今年も鬼下野(おにしもつけ)が白い花を開花させました。下野はピンク色で可憐ですが、鬼下野は大型です。葉が大きいところからこの名前が付いたようです。別名、白い花を初雪に見立て、初雪草ともいいます。この花が咲くと、梅雨明けがもうすぐです。

宇奈月国際会館・沖仁スペシャルライブ

 画像セレネHPより

okijin001.jpg

宇奈月国際会館セレネで沖仁のスペシャルライブが開催されます。

NHKの大河ドラマ、風林火山のエンディングテーマ曲「巡礼紀」でおなじみですね。沖仁が奏でるフラメンコ・ギターの世界をどうぞご堪能下さい。

8月3日・宇奈月国際会館・19時開演です。

宇奈月の山野草

t_hototgisu.jpg

大型で非常に勢力の強い台風4号が九州に上陸していますが、こちらは今のところ無風状態です。昨日からキャンセル続出です。

山で玉川ホトトギスを見つけました。掛花にいけてみました。深山の湿りのある所に生息する多年草です。宇奈月は山野草の宝庫です。

宇奈月ダム

PIC00020.JPG 宇奈月ダムの排砂ゲートが開けられ、堆積した土砂が勢い良く吐き出されました。黒部川の川幅も一段と拡大し、立ち木を飲み込んでいます。延楽は黒部川沿いに建っていますので、暴れ狂う激流が間近で見られます。