稚児百合(チゴユリ) ユリ科

<可愛い小花を付ける稚児百合>

稚児百合(チゴユリ)は、宇奈月の落葉樹林や杉林の中で群生するユリ科の多年草で、地下に細い根茎があります。

葉は互生し、楕円形で柄はありません。茎頂に1個から2個の白い花を横向きか下向きにつけます。白色の花被片は披針形で半開きし、葯は黄色です。花被とは花の構成要素の蕚と花冠を総称していいます。その二つが形態的に類似するかほとんど見分けがつかない場合は、まとめて花被片といいます。稚児百合はこれにあたり、百合属に多く見られます。

花が小さくて可愛いところが、名前の由来となっています。小さい花ですが群生しているので幾何学的な美しさがあります。

山吹(ヤマブキ) バラ科

<黄金色の山吹は周りを華やかにする>

山吹(ヤマブキ)は、宇奈月谷沿いに群生するバラ科の落葉低木です。幹は叢生し広がっていきます。

葉は2列に互生して卵形で二重鋸歯があります。花弁は黄金色で5個から8個あり平開します。山吹は、どんな花とも相性がよく、生けやすい花です。付近には棘のある木苺も自生しています。どちらもバラ科なので枝や葉がよく似ています。

春雪の下(ハルユキノシタ) ユキノシタ科

<水が滴る岩場に、可憐に花を広げる>

春雪の下(ハルユキノシタ)は、宇奈月の山の岩場に生えるユキノシタ科の多年草で、日本固有種です。岩旗竿(イワハタザオ)の育つ環境とよく似ています。

束性した葉の中央より20から30センチメートルの1本の花茎を出し、円錐状に配列した集散花序に多数の白い花をつけます。葉は特徴ある腎円形で黄緑色で裂片には鋭鋸歯があり、花茎とともに粗い腺毛が密に生えます。

花弁は下側の2弁が長く、上側の3弁は広卵形で小さく黄色の 斑点があります。雪の下は赤紫色の斑点なので見分けがつきます。

沢繁縷(サワハコベ) ナデシコ科

<花弁の先端に切れ込みが入る>

繁縷(サワハコベ)は、宇奈月の山地の落葉樹林内に生えるナデシコ科の多年草です。

茎の上部は斜上して分岐し、下部は地を這ってひげ根を出し群落を作ります。葉に葉柄があり三角状卵型で、先端は鋭形になっています。花は先端で単生し、白色の5個の花弁は2中裂しています。カタクリの花が終わると一斉に咲き始めます。

春の七草のハコベは花弁の切れ込みが深く、10個の花弁に見えるので違いがよくわかります。沢繁縷も樹林内の木々の葉が広がり陽光が弱くなる頃、消えてしまうるスプリング・エフェメラルの仲間です。

岩旗竿(イワハタザオ) アブラナ科

<水が滴る岩場に可憐に咲く岩旗竿>

岩旗竿(イワハタザオ)は、宇奈月の日当たりよい岩間や崖の上などに生えるアブラナ科の多年草で、基部から地下茎を出します。

茎葉は、茎を抱き長楕円形で互生しています。茎は毛が密生して細くて直立し、時には崖から垂れ下がることもあります。茎頂の総状花序に長い花柄のある白色の十字形花冠を多数つけます。花は下から上へと次々に咲きます。アブラナ科の植物の特徴でもあります。

延楽ウォーク(尾の沼コース)

延楽ウォクーの「尾の沼コース」は、やまびこ鉄橋を渡り黒部の心地よい川風を受けながらの片道1時間30分コースです。

途中、宇奈月ダムを横目に見ながら赤い鮮やかな湖面橋を渡り、宇奈月温泉木管事件の現場を見ながら新緑の木々と、落葉高木の甘い花の香りを嗅ぎながら山野草を愛でる。

終点の尾の沼の上流には未だ分厚い雪渓に覆われ、冷たい川風と雪解けで水かさを増した激流を眺める。湖越しに、未だ雪を頂いた黒部の山々を眺めながら尾の沼の露天風呂に浸かるのもお勧めです。

鬼胡桃(オニグルミ) クルミ科

<宇奈月の谷筋に多く見られる>

鬼胡桃は、宇奈月温泉の宇奈月谷沿いに多く見られるクルミ科の落葉高木です。種の表面の模様が鬼の顔に見えるところから、名前の由来となりました。

雪解けの時期に若葉と共に付き、雄花雌花が別々で、緑色で垂れ下っているのが雄花穂です。 雌花穂は若い枝の脇に赤く直立するので、観察しずらいです。 秋には脂油の多い果実が熟します。 幹は木目が美しいところから家具材として使われています。

宇奈月では、細い葉の沢胡桃も多くみられます。縄文遺跡からクルミが出土することがありますので、当時から保存食として使われてたことがわかります。

延楽ウォーク(黒部川扇状地)

本日の延楽ウォークは、「黒部川扇状地の春を見つける」というテーマで歩きました。黒部川扇状地の扇頂である愛本から黒部川の右岸、左岸を歩くコースです。

田んぼには水が張られ、後立山連峰の雪を頂いた峰々が水面に映り込んでいます。

雪椿(ユキツバキ) ツバキ科

<落葉樹林内で開花する雪椿>

雪椿は、宇奈月の山地の落葉樹林内に、群落をつくって自生するツバキ科の常緑小高木です。本州の日本海側の多雪地帯に多く分布し、ツバキの亜種として取り扱われています。

宇奈月では5月ごろ、僧ヶ岳登山道の樹林内で多く見られ、樹形は降り積もった雪に押されて直立できず背が低く分枝が盛んに行われます。花は平開 するので藪椿と見分けがつきます。木々を覆う雪が解けると赤い花を付け、残雪の白に美しく映えます。

蛙始鳴(かわず はじめてなく)

<新緑の黒部峡谷・黒薙 後曳橋>

5月5日から二十四節気は「立夏」。暦の上では夏に入る。宇奈月の早朝の川風は少し冷たさを含んでいるが、雪の纏った山々と麓の新緑が最も美しい季節でもある。これから柔らかな春の陽射しが少しずつ力強くなり暑い夏に向かう。

七十二侯は「蛙始鳴(かわず はじめなく)」で二十四節気「立夏」の初侯にあたる。田圃でカエルが鳴き始める頃という意味。雪解け水が流れる黒部川の河原からは時折、河鹿の鳴き声が瀬音とともに心地よく伝わる。初夏の気配だ。河鹿とは、清流を住処にしている蛙で、その高く澄んだ鳴き声は、鹿に似ているといわれている。

黒部峡谷鉄道は、黒部の山々の残雪と柔らかな新緑のコントラストを眺めながら、深く切り立った黒部峡谷沿いを走る。トロッコならではの黒部の